缶バッジにはマグネットタイプがあります

缶バッジには、マグネットタイプもあります

安全ピンで付けるイメージが強い缶バッジですが、用途に応じた様々なタイプが提供されているのです。

バッジを制作する際には、イベント会場でのノベルティなど、販促目的で作成するケースも多いでしょう。

来場者にバッジを渡すことにより、歩く広告塔になってもらう効果があるからです。

少ないコストで制作できるバッジには、ロゴやブランドイメージをプリントすることも可能です。

デザインを行うにあたっては、社内にデザインに長けた人材が在籍している必要があると考える方も多いでしょう。

長きに亘って営業している制作会社では、社内にデザインに長けたスタッフを抱えていることも多いものです。

イメージを伝えるだけで、自分が考えるバッジに仕上げることができるのです。

缶バッジを制作する際には、タイプだけではなく、サイズを検討することも大切です。

イベントの来場者の傾向により、渡すバッジのサイズは違っていきます。

殆どの制作会社では、制作物に関する相談を無料で行っています。

事前にどのような大きさで制作するかを相談するのが良いでしょう。

バッジを作る場合には、包装するパッケージのデザインも大切となるものです。

表面にデザインを施すことにより、渡した相手に良い印象を与えられるからです。

バッジの制作を依頼するにあたっては、多くの量を頼む必要があると考える方もいるでしょう。

殆どの制作会社では、少量からの発注が可能です。

イベントの規模に応じたバッジの制作依頼を行えるのです。

タイトルとURLをコピーしました